ホームアドセンスGatsby:ads.txtファイルを設置する方法(Googleアドセンス)
2020年6月21日

Gatsby:ads.txtファイルを設置する方法(Googleアドセンス)

google

こんにちは、筋肉めがねです。

GatsbyブログがGoogleアドセンスから承認された!
後は広告を設置して、今すぐにでも収益を得たい!
でも、Googleアドセンスのページでads.txtのエラーが出ている。。。

Gatsbyブログで広告収入を得たいという方に向けて、ads.txtエラーを解決する方法を解説します。

staticフォルダーにads.txtファイルを入れてgatsby build

解決策は、Gatsbyブログのroot直下にstaticフォルダーを作成し、そこにads.txtファイルを入れ、gatsby build、そしてgitでサーバーにアップするのみです。

1つ1つ見て行きましょう。

エラーの内容

Googleアドセンスに承認された後に、アドセンスのページへアクセスすると以下のようなエラーが出ていると思います。

error on google adsense

adsは”Authorized Digital Sellers”の略で、ads.txtファイルを設置する事で「デジタル広告は、承認された販売会社(ここではGoogle AdSenseの事)を通してのみ、配信される。」という事を明示することができます。

それで、ads.txtファイルの中身には、誰がデジタル広告を配信する権利があるか、という情報、具体的にはあなたのGoogleアドセンスにおけるpublisher idを載せる事になります。

ads.txtファイルの生成

エラーメッセージの”Fix now”ボタンを押します。

すると、以下のようなページが表示されるので、“DOWNLOAD”ボタンを押します。

download ads.txt

ads.txtファイルをstaticフォルダーに格納

続いて、Gatsbyブログのroot直下にstaticフォルダーをある事を確認します。

なければ、staticフォルダーを作りましょう。

そして、staticフォルダーに、先ほどダウンロードしたads.txtファイルを格納します。

static folder

最後はgatsby build

最後に、gatsby buildし、gitでサーバーにアップしましょう。

Terminal
gatsby build
git add .
git commit -m "xxx"
git push -u origin master

すると、gatsbyブログroot直下のpublicフォルダー内に、ads.txtファイルが生成されます。

ads.txt file in public folder

アップしたら、ブログのroot直下にads.txtファイルが作られているかbrowserで確認しましょう。

https://yousite.com/ads.txt

ads.txtファイルをアップしてからGoogleアドセンスに反映される時間について、Googleの公式ページには、以下のように書かれております。

It may take a few days for your changes to be reflected in AdSense

ですので、数日待って、改めてgoogleアドセンスのページを確認しましょう。

エラーメッセージは解消されているはずです。

参考

Google Adsense広告を貼るための一連の流れは、以下の記事が参考になります。

【更新版】Gatsby+NetlifyサイトへGoogle AdSenseを貼るベストプラクティス。(2020年2月8日時点)

以上です。

シェアする