ホームMonthlyReview「筋肉めがね」という事業の2020年1月の実績振り返りと2月の目標(PL含む)
2020年2月02日

「筋肉めがね」という事業の2020年1月の実績振り返りと2月の目標(PL含む)

january

こんにちは、筋肉めがねです。

2020年1月も終わりました。つい先日、新年が明けたような気がしますが、気がつけば1月が終わり、すでに2020年も2月に突入しました。社会人になると何かと忙しく、まとまった時間をとる事もなかなかありませんよね。そこで、今年は、ひと月ひと月きちんと振り返り、これまでの実績と、この先進もうとしている方向性を突き合わせながら正しい努力を続けていきたい、と考えています。

「筋肉めがね」という事業体についてのレビューですので、定性的な振り返りだけではなく、定量的な振り返りも実施していきます。途中途中で、PL(損益計算書)が登場します。とはいえ、要は費用対効果のことですので、すんなり頭に入ってくると思いますので、気楽に読み進めていってくださいね。

以下、本日の目次です。

1月の目標の振り返り(定性)

このサイトを立ち上げた1月1日の時点で、先ず僕が立てた1月の目標は、以下です。

  • 本サイトが、「筋肉めがね」という事業の成長を記録し、そして成長を後押しする材料となるよう基盤を作る事。

もう少し、具体的なアクションとしては、

  • Google Analyticsを導入して、世間様から見た時の、このブログの価値を計れるようにする事。
  • サイトの見栄えを良くすること。
  • Google Adsense、ASPの広告を導入して、僕という事業のタネ銭となる資本を蓄えることのできる基盤を作ること。

Google Analytics、Google Adsenseについては、それぞれ以下の記事で導入しました。

Google Analyticsの導入
Google Adsenseの導入

ASP(Affiliate Service Provider)については、記事は書いておりませんが、もしもアフィリエイトを使い、楽天とAmazonの広告をサイドバーに貼っております。

そして、このサイトの見栄えを良くすることについて、幾つかデザインを修正し、その都度記事をアップしてきましたが、特に「【連載】Gatsbyブログのデザインをワードプレスちっくにする手順」が良くまとまっていると思います。

【連載】Gatsbyブログのデザインをワードプレスちっくにする手順(その1)
【連載】Gatsbyブログのデザインをワードプレスちっくにする手順(その2)
【連載】Gatsbyブログのデザインをワードプレスちっくにする手順(その3)
【連載】Gatsbyブログのデザインをワードプレスちっくにする手順(その4)

1月のKPI実績(PL含む)(定量)

続いて、1月のKPI実績についてです。そもそも1月における指標を定めていなかったので、この振り返りを機会に指標となるものを挙げてみますと、以下のようなものが考えられますね。

  • Adsense収入
  • アフィリエイト収入
  • その他の収入(Note販売、コーディングの仕事など)
  • 訪問者数(参考)
  • 記事数(参考)

事業を推進する上でシビアに見て行くべきは、ROI、つまり費用対効果ですね。そして、事業における効果、リターンはつまりマネーでございます。ここはシビアに見ていかなければ、事業体として成り立ちません。

リターンではありませんが、参考情報として、訪問者数と記事数をトラックしていきます。

それで、1月の「筋肉めがね」事業の実績は以下の通りです。

1月のKPI実績

Unit:人 or EUR1月単月年間累計
Adsense収入0.530.53
アフィリエイト収入00
その他の収入00
訪問者数7272
記事数1616

Google Adsense

Google Adsense

もしもアフィリエイト

Google Adsense

Google Analytics

Google Analytics

Adsense収入で0.53 EURとありますが、これは僕自身ですので、実質0 EURです。もしもアフィリエイトも同じく0 EURです。その他の収入については、Note販売、コーディングの仕事もできていないため0 EURです。そして、訪問者数は72ですね。この読者の方達に有益な情報を届ける事ができるように今後も精進していきます。記事数は16本です。2日に1本は書けいているペースですので、良いスピード感でした。

1月のPL

そして、1月のPL実績は以下の通りです。

Unit:EUR1月単月年間累計
販売0.530.53
変動費00
限界利益0.530.53
ドメイン代(GoDaddy)29.6729.67
サーバー代(AWS)62.5162.51
人件費1,8801,880
総固定費1,972.181,972.18
営業利益▲1,971.65▲1,971.65

販売について、先ほどのGoogle Adsenseからの収入です。ドメイン代については、2つのサイトに対して、実際には2019年支払いでしたので、1月計上ではありませんが、初期投資という意味で1月のPLに入れています。サーバー代は、ポートフォリオの一つをAWSに置いているため、そこにかかる費用です。人件費は僕の稼働時間ですね。本業の給与から算出される時給に対して、「筋肉めがね」という事業に対する実質労働時間をかけて算出しています。

事業が成長するために、すべきことは大きく二つ、販売を上げるか、費用を下げるか、その二つを実現する事で営業利益を上げる事が、事業が目指すべきところであり、そして、利益をあげることにより、まわりまわって社会に利益を還元すべきことなんですよね。

それで、「筋肉めがね」という事業のPLを見ると、1月単月の営業利益が、マイナス1,971.65 EURと、明らかに人件費が収支を圧迫している事が分かります。では、人を削るか、というとそういうわけにはまいりません。僕ひとりで行なっているので。

そして、このPLを見ると2月に進めていくべき事が見えてきました。販売をどうにかしないといけません。

2月の目標と進め方(定性)

先ずは、販売を上げていきましょう。このサイトを立ち上げて、つまり事業をはじめて1ヶ月でございます。例えばtwitterでブロガーの方達の発言をみていると、平均的には、初めの3ヵ月は成果が出ない、というような事をおっしゃっています。もちろん、千差万別ですので一概には言えませんが。例えば僕がブロガーとして販売をあげようとした時に、僕の文章力が平均並だとしたら、そして文章を書くスピード、量をこなす力も平均並みだとしたら、3ヶ月は販売がない、という事になります。つまり2020年1-3月の第一四半期の見通しは、約マイナス6千EURです。

これでは厳しいです。大企業の場合は、企業としての体力もあり資金も潤沢にあるので、投資を回収するまでの期間が1年、もしくは2年かかったとしても危機的な状況にならない事だってあるでしょう。

しかし、「筋肉めがね」は個人の事業です。何よりもスピード、そしてフレキシビリティが強みの個人事業が3ヶ月も販売を計上せず、累計赤字をどんどん膨らませるというのは大問題です。

そこで、販売をあげるための施策を考えました。先ずは、これが、2月の第一の目標です。

  • web制作の案件を1件受注する。

もちろん、2月中に受注をして、3月に納品するという事になれば、2月に売り上げが立たない可能性もありますが、見込まれる売り上げの額を考慮しても、ブロガーとしてAdsenseやアフィリエイトで稼ぐより、web制作で販売を上げることの方が、早期にPLを改善できると判断しました。

そして、もう1点、twitterでの振る舞い方、効果的なフォロワー数の増やし方を学び、フォロワー数を増やします。これは、例えば今後Noteを販売する、という事が施策として出てきた時に、権威性がなければ、つまりフォロワー数が少なければNoteは売れないでしょう。

ですので、2月の目標は大きく2つです。

  • web制作の案件を1件受注する。
  • twitterのフォロワー数を30人に増やす。(現在17人)

web制作の案件を受注するまでの進め方

web制作の案件を受注するためのステップとして、先ずは以下2点を考えております。

  • 英語のportfolioサイトを1つ作る。期限2月7日。
  • twitterのプロフィールを求職活動仕様へと変更する。期限2月7日

それが終われば、営業をはじめます。

  • 英語のportfolioを使ってドイツの地元web制作会社へ営業をはじめる。
  • twitter、および「筋肉めがね」のサイトを使って日本のweb制作会社へ営業をかける。

web制作は基本的にはオンラインで仕事を進める事ができると認識しているので、ドイツ、日本の両方に営業をかけます。例えば、日本の案件であれば、みなさんが寝ている間に僕が仕事をできるので、案件進捗の待ち時間を減らすという意味でも、日本の案件に貢献できる部分はありそうです。

そして、この活動を進める中での学びやプロセスは都度都度ブログにて共有しますので、価値のある記事だと判断されたら、訪問者数も増え、それは副次的に、Adsense収入、アフィリエイト収入につながるので販売upに貢献できます。

twitterのフォロワー数を増やすための進め方

twitterのフォロワー数を増やすためには、人気のある有料Noteを2つ購入し、そこから学んだ幾つかの手法を実践していきましょう。

  • 有料Noteを2つ購入し、学んだ手法を実践する。

2月のKPI目標(PL含む)(定量)

ということで2月のKPI目標値はこちらです。

  • 英語のポートフォリオサイトを1つ作る。
  • web制作の案件を1件受注する。
  • twitterのフォロワー数を30人に増やす。(現在17人)
  • Adsense収入: 10 EUR
  • アフィリエイト収入: 100 EUR
  • その他の収入(Note販売、コーディングの仕事など):0 EUR(1件受注する。)
  • 「筋肉めがね」サイトの訪問者数: 100人
  • 記事数: 10本

Adsense収入、アフィリエイト収入、「筋肉めがね」サイトへの訪問者数、記事数は、web制作の案件を1件受注しようとしたり、twitterのフォロワー数を増やそうとする活動の結果、副次的に後からついてくるものだという想定です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。好きなことをどうせ続けていくならば、収益性を考えてシビアに物事を見ながら続けていけると、より成長スピードも加速し、そしてリターンがあれば更に好きな事に投資もできるので、より一層、自分自身が「好きなことでおまんまを食べていける。」というステージへ近づく事ができそうですね。

今回の記事では、2020年1月の定性、および定量的な振り返りを行い、そして2月の目標を立て、KPIを設定しました。これらに基づいてスピード感を意識して今後も進めていきたいと思います。

この記事では大きく以下4点について書きました。

  • 1月の目標の振り返り(定性)
  • 1月のKPI実績(PL含む)(定量)
  • 2月の目標と進め方(定性)
  • 2月のKPI目標(PL含む)(定量)

今後もひと月毎に、振り返りと目標設定を行いながら正しい努力を続けていきたいと考えております。

それでは、本日は以上です。

シェアする